« 感動したこと | トップページ | ルーツ »

むむむ。

世田谷一家殺人事件―侵入者たちの告白 Book 世田谷一家殺人事件―侵入者たちの告白

著者:斉藤 寅
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「読んだ方がいい!」と、勧められてはみたものの怖くてなかなか読み進められずにいます。

世紀末に起きた、あの恐ろしい事件を糸口にこれから日本は「犯罪大国」と化していくであろう・・・という内容が、ものすごい緻密で膨大な情報やデータの分析に基づき書かれている。

価値観が根本から、くつがえされる本です。だって、環境(お皿)がまず変わるのだから。

いたずらに恐怖を煽るようなものではない。「誰かが守ってくれる」ではなくて「自分を守る」という意識に変えていかなければならないのだ。

海外からの留学生達全てを中傷誹謗するというのとも違うが、確実に今までの「安全大国日本神話」は確実に壊れつつある現状があるのだ。身近に感じられないだけで、それはもう既に始まっている。現に、尊い命が奪われているのだから。

怖いけれど知っておかなくてはならないことだと思うので吐きそうになりながら、チビりそうになりながら、家族のことを思いながら、読みます。ノミの心臓なのでコレ読んで死ぬかもしれん。知らないままの方が幸せかもしれない、とも思います。

みんなが「いる」というだけで、もう十分幸せなんですね。

私に、今できることはなんだろう。。。

|

« 感動したこと | トップページ | ルーツ »

コメント

これって犯人外国人なの?
前ニュースでこの特集が組まれてて、
犯人は殺害後、この家のパソコンで
ライオンキングの事調べてた、とかあって
超怖かったんだけど。

投稿: ena | 2006年7月 6日 (木) 20時24分

エナタン
まだ未解決ではあるみたいだけどね・・・。

詳しくは本を読んでみてください。
活字にするのもちょっとビビッている私;;

投稿: caori | 2006年7月 6日 (木) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感動したこと | トップページ | ルーツ »