« 天神の中心で、髪は女の命だと叫ぶとか叫ばないとか。 | トップページ | 水一滴。 »

今はまだ人生を語らず。

27年前、お母さんががんばった日。あれから

27年後の朝は、両親に見送られ、家をでた

27を迎える夜に、私の青春を象徴すべき友人達(美頓りょーくん)から教えてもらった曲です。

好きな靴を履いて歩こう。

「今はまだ人生を語らず」/吉田拓郎
朝日が昇るから起きるんじゃなくて 目覚める時だから旅をする
教えられるものに別れを告げて 届かないものを身近に感じて
越えて行け そこを 越えて行け それを 今はまだ人生を 人生を語らず

嵐の中に人を見たら 消えいるような叫びを聞こう
分かり合うよりは確かめ合うことだ 季節の巡る中で今日を確かめる
越えて行け そこを 越えて行け それを 今はまだ人生を 人生を語らず

あの人の為の自分などと言わず あの人の為に去り行くことだ
空を飛ぶことよりは地をはう為に 口を閉ざすんだ 憶病者として
越えて行け そこを 越えて行け それを 今はまだ人生を 人生を語らず

遅過ぎることはない早過ぎる冬よりも 始発電車は行け風を切って進め
目の前のコップの水を一息に飲みほせば 傷もいえるし それからでも遅くない
越えて行け そこを 越えて行け それを 今はまだ人生を 人生を語らず

今はまだ人生を語らず 目の前にもまだ道は無し
越えるものは全て手探りの中で 見知らぬ旅人に夢よ多かれ
越えて行け そこを 越えて行け それを 今はまだ人生を 人生を語らず

|

« 天神の中心で、髪は女の命だと叫ぶとか叫ばないとか。 | トップページ | 水一滴。 »

コメント

元上司の十八番だったなー
あのときは「まただ・・・」って感じで聞いてたけど
こうして詩として受け入れるといいものです。
road to 三十路に便乗させてほしいものです。

投稿: miwawa | 2006年9月17日 (日) 12時00分

先日はお疲れちゃんでした!
実は昨年の若・貴抗争時「貴乃花」のコメントを
聞く度に、この歌を思い出しておりました。

27歳、めげず・くさらずで頑張っていきまっしょい!

投稿: 川越@事務所 | 2006年9月17日 (日) 16時40分

caori→miwawa
私の中でmiwawaはかなりroadto30しなくてもしっかりしてるひと、というイメージですが。。。?

caori→川越@事務所
お疲れちゃんでした〜
あのケースが語らずの美学かー
ということはワシは「語れず」だな。
いつかは、語れるような人生にしていきたいもんです。
しょい!!!

投稿: caori | 2006年9月17日 (日) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天神の中心で、髪は女の命だと叫ぶとか叫ばないとか。 | トップページ | 水一滴。 »